Home » 話したい人がいる

話したい人がいる

お客様と上光証券のおつきあいはじかに話することからはじまります。
それは、ネット取引にない、人と人との信頼関係こそが、
ご満足いただける資産運用の基本と信じているから。
大切なことは上光証券のあの人と話そう。
お客様から真っ先に選ばれる、そんな存在であり続けたい上光証券です。
個人営業部門
個人営業部門は、お客様のライフプランを実現するために、お客様の資産のベストな運用方法を、当社のファイナンシャルプランナー(FP)と共にご提案する部門です  
近年、資産運用多様化の時代といわれ、運用のリスクを分散しつつ堅実な投資が行われるようになっています。そこで、お客様個々のライフプランに沿って、保有する金融資産の選択や運用方法を、変化する社会や経済環境の中で、どう対応させていくことが最善の道なのかを、私たちは誠心誠意お手伝いさせていただきます。
 
法人営業部門
法人営業部門は、国内外の株式、債券、投資信託などのブローカー業務を通じて、企業や各種法人の資産運用・管理をお手伝いする部門です。  
近年、金融の自由化、国際化の流れのなかで企業のニーズも多様化し、株式の公開、社員持株会制度、ストックオプション制度など企業経営の場における証券会社の役割も大きく変化してまいりました。当部門は、こうした資本マーケットの動向を分析して、タイムリーで的確な情報をご提供します。とくに、お客さまのご要望を的確にサポートできる体制を強化するなど、地元証券会社ならではの地域に密着した営業サービスで、お客さまのニーズにお応えしてまいります
 
引受営業部門
引受営業部門は、企業が資本調達のために発行する社債、株式の引受販売とともに、企業の株式新規公開をお手伝いする部門です。  
当社は昭和63年9月、「引受免許」を持つ証券会社となり、多くの地元企業の幹事証券として資本調達のお手伝いをさせていただいております。その他転換社債の引受シンジケート団参入としては、北海道ガス(株)ほか39社(50銘柄)、事業債としては北海道電力(株)・サッポロビール(株)などに参入させていただいており、公募増資・債券発行・新規公開を通じた各企業のファイナンスにお役に立っています。今後も事業の成長、ご発展に最適な資本調達、情報収集、タイミングなどのご相談に積極的にお応えしてまいります。

もどる

Copyright(c) 2012 Jyoko Securities Co.,Ltd. All Rights Reserved.